リスクを伴う相続は、プロに相談

私は昨年、祖父を亡くしました。
祖父は生前、不動産業を営んでおり、土地や建物、駐車場や貸しコンテナなど多数の資産を所有していましたが、それらの購入のため、銀行からの借金もしていました。
父は不動産とは無縁の業種のため知識が無く、遺産相続にあたって、それらを相殺させたときにプラスになるのか借金だけが残るのかわからず、専門の弁護士に算定を依頼。
借金が残るのであれば相続放棄を考えていましたが、資産が上回る結果が出たため、相続を決めました。

そこからが大変なのですが、借金を返済するためには現金を作る必要があります。
駐車場の利用料や賃貸の家賃から月々の返済をしつつ、さら地や空き家などのすぐに売却できるものは他の不動産業者に依頼し現金化。
徐々に返済をしていきます。
地道な作業でしたが、1年で手続きを終えました。プロに依頼しなければとてもこんなにスピーディーには解決しなかったでしょう。
任せて正解でした。

カードローンでお金を工面して買ってしまった絵画

私は学生の頃に絵を描いていたことがあります。
芸術大学に進んで本格的に絵を描く仕事に従事しようと考えていましたが、現実は厳しく私の思うようにはいきませんでした。
それでも趣味として絵を鑑賞したりする事は今でも続けています。

一度見て感動してしまった絵は何度見ても楽しめるので手元に置いておきたくなるのです。
インスピレーションが高くなって自分で見たようなイメージの絵を描きたくなるのですが、コピーしても本物の良さを超えることはできないのです。

そのような手元に置いておきたい絵があったのです。
先月の絵画展で見つけたのですが、町並みを描いた素朴な風景が私の田舎の落ち着いた風景に似ているのです。
すぐに購入したかったのですが、その時には使える現金がほとんど無くて躊躇したのです。ただ、カードローンを使うという手が残っていました。
これまでカードローンはほとんど使ってないため限度額まで大きく借り入れることができるのです。

早く手に入れる必要があったので、やはりカードローンのお世話になったのです。